Recent changes

2013-04-14 2013-04-02 2013-02-17 2013-01-29 2013-01-20 2013-01-18 2012-12-08 2012-11-06 2012-09-04 2012-08-02

php/Ethna/Hack

UTF-8で利用する。

エラーメッセージがEUC-JPで書かれているのでそれをUTF-8で送るようにする。

Ethna.phpのEthnaクラスにある、

  • raiseError
  • raiseWarning
  • raiseNotice

メソッドの一行目に

$message = mb_convert_encoding($message, 'UTF-8', 'EUC-JP');

と入れてやればよい。((CallBackとかhandleErrorの使い方をしっているともっとちゃんとできるのかも))

特定のエントリポイントからアクセスしたときだけdebugモードにする。

定数ETHNA_DEBUGをエントリポイントに設定することで一部のエントリポイントからアクセスした時にだけデバッグモードにできる。

etc/[project_id]-ini.php

<?php
   if (!defined('ETHNA_DEBUG')) {
       define('ETHNA_DEBUG', false);
   }
?>

を追記しつつ、$configのdebugの値を

'debug' => ETHNA_DEBUG

と書いておいてエントリポイントに

define('ETHNA_DEBUG', true);

とつけておく。するとETHNA_DEBUGがtrueのエントリポイントだけがdebugモードに。

一緒にBASIC認証かけておくとか、内部からしかアクセスできないところにエントリポイントを設置するとかして自衛しないと危険ですけど。

関連リンク