Recent changes

2013-04-14 2013-04-02 2013-02-17 2013-01-29 2013-01-20 2013-01-18 2012-12-08 2012-11-06 2012-09-04 2012-08-02

halt/memo

Postgresqlをぺちぺから使う。

環境を作る。

Ubuntu(Gusty)でphp5をaptitudeでインスコってる状態から。

postgresqlのインストール。

sudo aptitude install postgresql-8.2

phpPgAdmin

こっちはパッケじゃなくて自分でもってきた。

http://phppgadmin.sourceforge.net/

解凍してアクセスすると、

データベースをサポートするように PHP のコンパイル・インストールがされていません。configure の --with-pgsql オプションを用いて PHP を再コンパイルする必要があります。

とアヤシイ日本語で警告されるので

php5-pgsqlのインストール

sudo aptitude php5-pgsql

で、php5用のぽすぐれbindingをインスコる。

その後、

sudo /etc/init.d/apache2 restart

で、apacheを再起動して再度phpPgAdminにアクセスすると、画面がでてくる。

アカウントの作成

このへんよくわかんなかった。postgresqlの設定はUbuntu上に作成されたユーザ、postgresによって行う事ができる。ので、postgresになる。

sudo su postgres

んで、

createdb test

してみたり。

どうやらユーザアカウントはDB毎につくるっぽい?psqlで

create user hoge with password='huga';

とかやって、

$dbconn2 = pg_connect("host=localhost port=5432 dbname=test user=hoge password=huga");

ってやったらつながった。やほーい。 phpPgAdminもつながったけどなんだかクソ重くてつかいづらいので無視することにした。