Recent changes

2013-04-14 2013-04-02 2013-02-17 2013-01-29 2013-01-20 2013-01-18 2012-12-08 2012-11-06 2012-09-04 2012-08-02

fluent

かなりイケてるので、実務でつかってみる。

fluent のインストール記事。 http://dayafterneet.blogspot.com/

CentOS 5.5でのおすすめインストール方法

fluentには様々なインストール方法がある。一番簡単でかっこいいのはgemコマンドを使ったインストールであるが、これにはrubyのバージョンが1.9.2以上である必要がある。 残念ながらCentOS 5.5にデフォルトで用意されているrubyのバージョンは1.8系。これではうまくインストールする事ができない。

CentOS 5.5でのおすすめインストール方法は、tgzもってきてmake install。 make installすると、自動的にfluent専用のruby 1.9と、fluentに関連するパッケージがインストールされて、ベースのrubyバージョンに関係なくfluentが使えるようになる。 CentOS 5.5本体のパッケージ構造をいじらずにfluentが動かせるようになるので、かなり使いやすい。 checkinstallでRPM化すると、ruby1.9のインストール方面がうまく動かなくeなりそうなので面倒でもmake installsしたほうがよさそう。