Recent changes

2013-04-14 2013-04-02 2013-02-17 2013-01-29 2013-01-20 2013-01-18 2012-12-08 2012-11-06 2012-09-04 2012-08-02

Munin

インストール

Ubuntuなら

aptitude install munin

で終了。超簡単。 設定は

/etc/munin

の下にある。設定をいじったら

/etc/init.d/munin-node restart

で再起動してやる。

hddの温度をモニタリングする

tetraの外部記憶箱 - muninでHDDの温度をグラフ化してみよう!ではhddtempを使っているけど、こっちはsmartctlでやってみる。

smartctlが入ってない場合はインスコ。

sudo aptitude install smartmontools

プラグインを追加。

cd /etc/munin/plugins
sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/hdd_temp_smartctl ./

設定ファイルを開いて

sudo vim /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
[hddtemp_smartctl]
user root
env.drives hdc 
env.args_hdc --all -d ata 

hdcをあなたのディスクに置換して。hdaとかsdaとか。自分のディスクがなんなのかわからん?mountコマンドとかで/dev/うんちゃら。ってでるからそれや!

これで設定完了。

sudo /etc/init.d/munin-node restart

する。しかしtopiaさんに教えてもらったスーパーテクニック

sudo munin-run hddtemp_smartctl config

を使うとrestartせんでもよろしいらしい。

S.M.A.R.Tの値をモニタリング

HDDの温度をチェックする時にhddtempじゃなくてsmartctlを使ったのはSMARTのモニタリングもやるつもりだったから。

smartctlが入ってない場合はインスコ。

sudo aptitude install smartmontools

プラグインを追加。例によってhdcはあなたの環境にあわせて。

cd /etc/munin/plugins
sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/smart_ smart_hdc

設定ファイルを開いて

sudo vim /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
[smart_hdc]
user root
env.smartargs -d ata -a

これでrestartなりmunin-runすればおk。

関連リンク