Recent changes

2013-04-14 2013-04-02 2013-02-17 2013-01-29 2013-01-20 2013-01-18 2012-12-08 2012-11-06 2012-09-04 2012-08-02

Django勉強会/Disc3


Django勉強会の時のメモ

Djangoの話

model

auto_nowとauto_now_add(DateTimeField)

class Admin:とclass Meta:

Rhacoの話

rhaco-1.1.0の話ね。

インストール

setup.phpをまず適当なところにコピーして実行する(ブラウザから) あとはそこにアクセスするだけでウィザードが始まり、自動で関係するファイルができる

setup/project.xmlにDBの定義情報を書く(デフォルトデータの登録もできる) (ひな型をDBからすいだせるようなものがほしいね) defineの設定もproject.xml

再度setup.phpを実行すると、DB用のクラスがもりもり作成される(lib/data/の下)

開発

エントリポイントはゼロから自分で実装する。 (ここはジェネレーターではできない)

require __init__.php;
//うんたらかんたら

アプリケーション

  • サイトadmin(admin,phpが一個できるだけ)
  • 認証(認証ファイルの管理)
workstyleを認証ありにする
network.http.RequestLogin
RequestLogin::loginRequered()

をエントリポイントに追加した後に 認証管理アプリケーションをインストール。 member.phpにアクセスしてユーザを追加する。

localeまわりの話

gettextベースのやつがある。また自前実装。がんばりすぎです(誉 inittool.php すいだしもできる

テンプレートまわりの話

rhacoのテンプレートは継承もできるからステキ。 ブロックを継承する。 子テンプレートはブロックしか記述できない。それ以外は無視される。 rt:extendsには相対で指定する

rhaco memo

goes byみる。 そういえばrhaco-1.1.0からはサンプルアプリとかがなかったきがする。 たぶん今から始める人は結構キツいとおも。

rhacolibには、rhacoを使って作られた便利なライブラリがある。Mixiのスクレイピングをしてくれるライブラリとかね。

rhacolibもいいけど、rhaco自身が搭載しているライブラリがめちゃめちゃ秀逸。PEARに頼らないでやってきただけはある。 個人的にオススメなのは、ブラウザまわりとテンプレート。

rhaco自身はDjangoが流行る前からあった(名前はrhacoじゃなかったとか) なんにせよDjangoのマネをして作ったわけではなく、元々あったフレームワークに Django的な機能をどんどん取り込んでいった結果らしい。 実際にテンプレートの記法周りはそんなには似てない。 DjangoのテンプレートシステムはSmarty的な感じなのに対して rhacoのテンプレートはよりXML的な感じ。

rhaco情報はd:id:rhacoにあるメモを拾うのが良い。が、すでに古い情報も結構あるので結局はソース嫁。

まとめ

スパム親分はWikiが大嫌いらしい。