Recent changes

2013-04-14 2013-04-02 2013-02-17 2013-01-29 2013-01-20 2013-01-18 2012-12-08 2012-11-06 2012-09-04 2012-08-02

ヘルプ/文法


ブロック要素

ブロック要素は行単位でテキストを解釈します。

見出し

*見出し

*見出し

行頭に*をつけると、その行は見出しになります。*、**、***、****の4段階あります。*の代わりに*でも見出しになります。

箇条書き

<pre>

  • 箇条書き
    • 箇条書き2
  1. 番号付き箇条書き
    1. 番号付き箇条書き2

</pre> <blockquote>

  • 箇条書き
    • 箇条書き2
  1. 番号付き箇条書き
    1. 番号付き箇条書き2

</blockquote>

行頭に-をつけると、その行は箇条書きになります。-を並べて書くと、入れ子にすることが出来ます。  -の代わりに+を使うと、箇条書きに番号がつきます。また、-の代わりに・でも箇条書きになります。

整形済みテキスト

行頭に半角空白またはタブをつけると、その行は整形済みテキストとして表示されます。整形済みテキストの中のWiki文法は解釈されません。

引用

>引用文

>引用文

行頭に>をつけると引用文と見なされます。

メールで行うように

> 引用文

と、>と引用文の間に半角空白を入れると「整形済みテキストの引用文」と見なされるので注意してください。

ブロック型プラグイン

#プラグイン名

プラグインがインストールされていれば、プラグインを使うことが出来ます。詳しくは各プラグインの説明をご覧ください。

段落

段落
 段落

上記以外のものは段落(本文)になります。 行頭に*や-を使いたい場合は、行頭に全角空白を入れます。


インライン要素

ブロック要素の中の一部はインライン要素として解釈されます。

オートリンク

すでに存在するページ名が文書の中にあるときは、そのページへのリンクになります。

BracketName

[[ページ名]]
[[エイリアス>ページ名]]

&#x7b;&#x7b;と&#x7d;&#x7d;で囲まれた文字列はページ名としてリンクされます。そのページが存在しなくてもリンクされます。 エイリアス(別名)を使うと、そのページへのリンクにページ名以外の文字列が使えます。

脚注

((脚注))

二重の半角括弧で括った文字列は、脚注となります。ページ下部に文字列が移動して、元の場所には小さなリンクが残されます。

強調

*強調*
**もっと強い強調**

 *強調*  **もっと強い強調**

強調したい単語を*で囲うと強調文になります。**で囲うとさらに強くなります。ただし、

  • *または**の前後に半角空白があること
  • 強調語句の中に空白文字がないこと

この2つを満たしたときにのみ強調されます。

インライン型プラグイン

&プラグイン名()

プラグインがインストールされていれば、プラグインを使うことが出来ます。詳しくは各プラグインの説明をご覧ください。