HICTOP 3DP-21 Ender-2のヒーター交換とファン交換

皆さんご家庭にあるプリンタはちゃんと使っていますか?もちろん3Dプリンタの話ですよ。

先日のAmazonプライムセールでついついPLAを買ってしまったので、残り少なくなってるPLAを消化して新しいやつを気持ちよくお迎えできるようにといろんなものをプリントしていたのですが、途中でプリント失敗。
困ったなー困ったなーと思いながら調べてみるとフィラメントがでてなかったのでフィラメント詰まりかと思ったけどそんな気配もない。
もう一度プリントしてみるとそもそもプリントがスタートしない。LCDディスプレイを見るとベッドの温度が上がったあと、エクストルーダーの方の温度が上がってない。ベッドを温めるのにパワーを使い切ってエクストルーダーを温める余裕がないのだとすれば電源が不良になってる可能性がありそう。
というわけでベッド温度を常温にして見るもエクストルーダーの温度は上がらず。
パワー不足の場合、いくら足りないといっても数度はあがってもいいはずだが手で触る感じまったく上がってない。とすると、そもそも熱を発するヒーターが死んでいると判断。
プリンタ購入時に予備のヒーターが入っていたのを思い出しヒートブロックをばらしてヒーター交換。断熱綿の中にヒーターを固定するイモネジがあるので注意です。(イモネジの存在に気づかずどうやっても抜けないヒーターに「中で溶けてるのか?」とか思い込んで無駄な時間を使ってしまいました)
ヒーターを交換したらこれまで通りに動くようになって一安心。ぐぐってみるとヒーターは消耗品らしいですが、使い始めて1年、1.5kg程度しかプリントしてないのに死ぬのはちょっと困りますね。

IMG_20180808_134039.jpg

ヒーターを交換するためにはまとまっているケーブルを一旦バラさないといけないので、この機会に元々ついているファンを購入しておいた静音ファン ( AINEX OMEGA TYPHOON 薄型・究極静音タイプ [ 40mm角 ] CFZ-4010LA )に交換。
3DP-21はエクストルーダーに1つ、コントロールボックス内に1つの合計2つあって、どっちもかなりうるさいのですが、両方交換したところ劇的な静音化に成功。スタンドバイ状態が無音になって電源を切るのを忘れるレベル。
ファンは購入したものは電源の他にパルス検出用のケーブルがついている3PINですが、プリンタにデフォルトでついてるものは2PINなので、コントロールボックスの方はコネクタを外して入れ替えるとキレイに交換できますが、エクストルーダーの方はケーブル長が足りないので切断してはんだ付け対応するしかないです。

IMG_20180809_011146.jpg

ヒーター交換とファン交換でかなり快適になってあと1年くらいは余裕で戦えそうですがMFT2018で見たPrusa i3 MK3がめちゃめちゃ欲しいんですよねー…。