“gauth” GoogleAccountでいっちゃんいけてる認証方法を考えたよで紹介されているid:d_sakさんが作ったgauthですが、ものすごくシンプルで使いやすいのでforkしてライブラリとして使いやすいように自分なりに書きなおしてみました。

ha1t/gauth – GitHub

認証って結構面倒くさくて、ACLのためにDB使ったり、ユーザー管理のためのバックエンドを書いたりする必要があって、シンプルなアプリのために、認証の実装書いてると、ものすごく時間無駄にしてるなーと思うんですよね。

しかも意外と使いまわせない。BundleやPluginを使えば再利用できるとかいう話もあるけど幻想で、ちょっと拡張するためにはおもいっきりコードいじらないといけなかったり、まずBundleやPluginそのものを理解するのにものすごく時間がかかったりする。何日もかけて、いくつも地雷踏んでハマってFOSUserBundleとか使おうとしてる人みると、「全自動卵割り機。便利ですよね。」と思う。

というわけで、そういう問題をかなり割り切った実装によって解決しているのがgauth。
面倒な認証部分を全部Googleさんに押し付ける事で、シンプルな認証を実現しています。

gauthを使うにはまず、Google OAuth2.0を使えるようにする必要があります。

まず、https://code.google.com/apis/console/ にアクセスし、以下の画面で、「Create an OAuth 2.0 client ID…」をクリックして、client_idとclient_secretを取得します。さらに、認証に使う画面へのredirect_urlを指定します。

Google OAuth2.0

Google OAuth 2.0の設定が終わったら、Google Docsにアクセスし、空のドキュメントファイルを作ります。以下の画像で選択されている部分がdoc_idです。ドキュメントファイルのファイル名を、利用しているWebアプリケーションの名前にしておくと、gauthで使っている事が後でわかって便利です。

Google Documentのdoc_id

client_id,cilent_secret,doc_id,redirect_urlが揃えば準備は完了です。
これらの値をexample.phpの$optionsに設定してください。

こういう実装っていかにもPHPっぽいスマートさが出ているので大好きです。session周りがちょっともさっとしてるので、実際に使ってブラッシュアップしてみようと思います。

カテゴリー:

4 thoughts on “GoogleAccountでいっちゃんいけてる認証方法「gauth」を使ってみた

  1. d_sak より:

    !!!すごい!!ライブラリがイケてるようになってる!!解説もすごくわかりやすい!!ありがとうございます!!!

  2. GoogleAccountでいっちゃんいけてる認証方法「gauth」を使ってみた | この先生きのこるには http://t.co/oFAtqicO #googleapps

  3. #GA-repost: GoogleAccountでいっちゃんいけてる認証方法「gauth」を使ってみた | この先生きのこるには http://t.co/tdknueWG #googleapps: GoogleAccoun… http://t.co/e3ahGqt2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください