no-image

vimの可変長引数

vim7からかなぁ。
関数の引数を…とする事で可変長の引数を受けとることができる。受けとるにはa:数字。a:0は引数の数。以下は第一引数をfirstという変数に代入するサンプル。


function Test(...)
 if a:0 > 0
   let first = a:1
 endif 
endfunction

他の人のコード読むと勉強になるなぁー