no-image

これからの時代誰の為にサービスを作るか

UIEvoの中島さんがこんな事を書いてたんだけど

これからの時代は、
・朝起きて最初にすることは、メールとmixiのチェック
・テレビをつけない日はあっても、メールとmixiをチェックしない日はない
・一時はGyaoを見ていたけど、今はもっぱらYouTube
・テレビ番組はテレビでみるより、YouTubeで見たほうが楽しい
・YouTubeができてから、テレビ番組の流行に敏感になった
・iPodに入った曲のほとんどはどこかから手に入れたコピー
・プレステは持っているけど最近はほとんど電源を入れない
・次のパソコンはそろそろMacに切り替えようかと考えている
・「固定電話」ってなに?
みたいな人たちに楽しんでもらえるデバイスやサービスを作らなければだめだということ。

iPodに入った曲のほとんどはどこかから手に入れたコピー次のパソコンはそろそろMacに切り替えようかと考えている以外すべてばっちり当てはまっててびっくり。

iPodの話は、流行を追いかけたいならコピーばかりになるかもしれないけど、自分の場合好きなアーティストしか聞かないので、正規のものしかない。好きなアーティストの曲を聴き続けるためにはCDを買わないとアーティストにお金が入っていかないから。あー。流行の曲だったらhamachiとiTunesで共有すればいいし。Macの話はWindowsには愛着ないけどLinuxがあるし、Macのノートは高いくせにバッテリー全然持たない(たぶんOSのせい)から。

そんな中島さんのいう*みたいな人たちに当てはまる自分が楽しめる(というか毎日使ってる)お気に入りのサービスっていうと、Livedoor Readerくらいしかない。はてなは好きだけどはてな認証しか使ってないからなぁ。

ただ、自分としては、中島さんのいう人たちがおもしろいと思うデバイスやサービスを作ってくれるのはうれしいけど、これからの時代にそうするべきか。という事を考えると違うんじゃないかな。

中島さんはWeb2.0、Google、YouTubeみたいな祭りに目が行きすぎて、「パソコン起動するくらいなら携帯でmixi見る」とか「テレビをぼーっと見ながら携帯触る」人たちがいるということと、そういう人たちをうまいことひっぱってくる重要性について理解してないと思う。

Mixiは、Youtubeなんかと並べて最近流行の、、とか下手するとWeb2.0なんて言われるけれど、YouTubeや、Flickrなどの他のサービスとは流行った理由が全然違う。MixiだけがあきらかなWeb1.0企業なのになぜ流行ったのかと言えば携帯からアクセスできた事。

とかいろいろかいて、じゃあどういうものを作るべきなのかを書こうと思ったけど時間がないので辞めることにする。