no-image

ベル打ちマンセー

先週のアクセスランキングは、「携帯電話早打ちコンテスト」を扱った。シンガポールで行われたコンテストでは160文字の英文を43秒で入力、世界一の記録が出たということで、その日本語訳を何秒で入力できるか、試してみたものだ。

 編集部のメンバーが残した記録は、O記者の1分3秒1が最速。読者の皆様からも早打ち記録を募集したところ、たくさんのご応募をいただいた。

「ケータイ早打ちですが、ひらがなだけでいいのなら40秒で打てましたよ。簡単です。ポケベル入力です」と自信満々なのは、ボーダフォンユーザーのほそださん。

当たり前。ベル打ちなら両手で打てるから絶対早い。
(基本的に2タイプで1文字出せるし。)

自分はキー入力が速すぎて端末が追いつかないくらいのベル打ち野郎ですが、予測変換なんてものでリソースつぶすならベル打ちの機能をちゃんと入れてください。

J-DN03より使いやすい機種が未だに出ていないっていうがね・・カメラとかにこだわる前に基本的なインターフェースとかにもうちょっとこだわれよ・・メール配信時のフォルダ振り分けとかユーザ検索とか、一番使う部分にもっと気合入れろよ。

携帯電話業界もアレなのかな。馬鹿な上司が「やはり最近のトレンドは女子高生の盗撮。至近距離からの撮影を可能にするためにカメラにマクロ撮影を。遠距離からでも大丈夫なように光学ズームを」とか言って開発者を困らせてるのかな。んで開発者は自分のblogで愚痴ってたりしてw