no-image

第1次ネズミ大戦勃発

こ、これが、ラットの、力というものか・・・ぐふっ。

2004年6月13日。ラット軍の予期せぬ奇襲によって昼食となるはずだったほとんどの補給物資を断たれたわが軍は資金の不足から深刻なダメージを受けていた。

「スパゲティのルーも、やきうどんも、ラーメンも、みんなくいちぎられてやがる・・」

「食料が尽きてしまった。被害は甚大だな・・・」

「どうやら戦わねばならんようだな・・・」

調査の結果侵入経路を特定。侵入路はかなり広範囲に広がっていることを確認。

侵入経路を塞ぐには時間と経費がかかる事を判断した我々は貯蓄にまわす予定だった資金を軍資金へまわし
ねずみとりを購入。とりもちで敵を捕縛する作戦にでた。

「ふふふ。ようこそ刻命館へ。金をつぎこんで設置した罠で生贄になるがいいわ!ふはははは!!」

to be continued…..