no-image

DB_DataObject1.6.0 Changelog

英語(翻訳)のお勉強。

Changelog:小さな特徴リリースおよび多くのバグフィックス..

  • dataobjectエラーのテストを可能にするDB_DataObject_Errorを追加。
  • 日付の修正 – 最新のPEAR:Dateパッケージが必要。
  • (Generator利用時、)バックエンド(PEAR:DB)がtableinfoメソッドをサポートしない場合、エラーを吐くようになった。
  • テーブルの型に、postgres向けに、inet、cidr、macaddr(つまり、ネットワークアドレス型)を追加。
  • DataObjectClassにfilterを通すoptionを追加
  • generator_include_regex = /foo_.*/i
  • generator_exclude_regex = /tmp_.*/i
  • resultカラム・リストはすべてのクエリのresultオブジェクト中に保持される。したがって、toArray()メソッドは、クエリとリレーションする。(リレーションしたDataObjectからtoArrayしてもちゃんとカラムリストが返せるようになったのかな?)
  • php version correted in package file.
    (バージョン差異を吸収したのかな?)
  • getLinks修正(getLinks called before other database call fixed)
  • もうPEAR ERRORは投げません。(たとえば、影響を受けた行がない時なんかに)0を返します。(しかももうこれは変えないよ?)まじ?(原文:Updating without changing things, no longer raises a pear error,it just returns 0 (eg. no rows affected))
  • PEAR:DB1.4に依存(escapeSimple使ってるから)
  • PEAR:DBのnextIDを使うassumtionsを使用禁止にするoptionを追加(assumtionsってなに?)
    dont_use_pear_sequences = true
    (ようは、PEAR:DBのシーケンスの使用を禁止できるのね)
  • DebugLevel()の引数が整数でない場合、それは回収であると仮定されます。
  • fetchの後のclearingの修正(たくさんのクエリを処理する時のメモリ消費を縮小する)
  • すべてのclass name testsを小文字にする(strtolower any class name tests)
  • count accepts 1 or 2 arguments
    $countWhat or $whereAddonly, or $countWhat and $whereAddonly
  • selectAdd()は見つけた値を返します。したがって、それを修正することができる。
  • ほとんどのdebuggingとraiseErrorは動的呼び出しになりました。したがって、それらをオーバーロードすることができます。
  • テーブル名に数字を使用できるようになりました。
    (numbers allowed in tablenames)
  • iniファイルはdatabase_{projectname} => {projectname}.iniを使用します。なので、データベース名はポータブルです。そして、複数のプロジェクトは理論上実現可能です。 (?)
  • __cloneはPHP5 compaitiblityのためのクローン()と取り替えられます。
  • Oracleでのポータビリティを考慮してPEAR::getStaticProperty(“DB”,”options”)を使うようにした
  • null checked against not null spec

うぇーん。所詮は工業高校卒。文法も知らないDQN。全然翻訳できねぇ。泣ける。