オールドレンズIndustar 61 L/Zを買った。

Industar 61 L/Z Multi Coating F/2.8 50mm MF lens screw mount M42 を購入してしまいました。

SONY純正でフルサイズのレンズだと、どれを買うにしてもかなりのお値段になってしまうので「欲しい…苦しい…」となっても「でも買えない…」となるので結果的に我慢できていました。

しかし Instagram でフォローしている自分と同じα7sユーザーの写真を見ていると見慣れないタグが。検索してみるとそれがオールドレンズでした。古のレンズもマウントアダプターを使えば現在の機種でも使える事や、オールドレンズにしかない味や特性がある事、そしてそれらがかなり安く手に入る事がわかってしまうと試さずにはいられませんね。

IMG_1014.JPG

というわけで購入しました。マウントアダプターがついてるので長くなってますが、レンズ自体はかなり小さいです。
本当はヘリコイドのマウントアダプターが良かったんだけど、それを買ってしまうとレンズよりもマウントアダプターのほうが高くなってしまうので、まずはノーマルのマウントアダプターを使ってみてから判断する事に。

IMG_1017.JPG

購入して最初にとったのが上の写真なのですが、普通のレンズとの違いがわかるでしょうか?
本来丸くでる背景の明かりのボケが星形になっています。 Industar 61の絞り羽根の形が特殊な形状をしていて、F5.8あたりにもっていくとこういう不思議なボケ方をします。これがやりたくて買いました。

今までオートフォーカスが当たり前だったので全部マニュアルになると一枚とるのも大変ですが、それもいつもカメラが自動でやってくれていた事がなんなのか勉強になるので楽しいです。

もっといい感じの写真がとれるようにがんばらねば。

投稿者: halt

PHPプログラマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください