Ubuntu 12.04 LTS で git subtree を使う

git subtree が良いという話はいろんな所で聞くのですが、一度設定したsubmoduleを変更してまで試したいとは思わず幾年月。
ようやく使うときがやってきたのですが、Ubuntu 12.04 LTS で、git subtree を実行すると

git: ‘subtree’ is not a git command. See ‘git –help’.

と言われてしまい使う事ができないので、使えるようにしました。

git subtree を使えるようにする手順は、How To Install Git Subtree on Mac and Ubuntu | Engineered Webに詳細が書いてあります。

手元のgitのバージョンを確認した所、1.7.9.5だったので、 github から、1.7系の最新である、1.7.12.4をダウンロードする事に。

あとはunzipしてcontrib/subtree以下に移動。makeしてinstallするだけ。
具体的な手順は以下になります。

$ cd /tmp
$ wget https://github.com/git/git/archive/v1.7.12.4.zip
$ unzip v1.7.12.4.zip
$ cd contrib/subtree
$ make
$ sudo install -m 755 git-subtree /usr/lib/git-core/

簡単にインストールできてよかった。

投稿者: halt

PHPプログラマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください