Mountain Lionの人はcaffeinateコマンド便利ですよ

プレゼンしてる時に、スライドめくらないでだらだら話していて、よしそろそろと思ったらスリープして画面が真っ黒になった経験はありませんか?私はありまくります。

最近は、そんな事がないように、新しいMacを手に入れた時は真っ先にApp Storeで、Caffeine をインストールしているのですが、Mountain Lion にはスリープを防止する caffeinate というコマンドがデフォルトでインストールされていました。

使い方は簡単で、 Terminal 起動して caffeinate を実行するだけ。実行している間はスリープしません。オプションなしの場合、ディスクアクセスなどのあらゆるスリープを抑止しますが、オプションに -d をつけると、ディスプレイのスリープだけを抑止できます。プレゼンなら -d つけておけばよいでしょう。

自分のパソコンならCaffeineを入れているので安心ですが、突然他の人のパソコンでプレゼンするときに覚えておくと役に立ちそうですね。

投稿者: halt

PHPプログラマ。

“Mountain Lionの人はcaffeinateコマンド便利ですよ” への 29 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください