なんか最近gitの話しばっかり書いてますが…

ブランチ切りながら開発してて「もうこれ別アプリじゃん」という時にそのブランチを新しいリポジトリにする方法。
やり方としては、remote.origin.urlを変更してpushするだけ。

例えば、php-Auth_Livedoorというライブラリのリポジトリがあって、
これをはてな認証に対応させたhatenaブランチがあったとする。
このhatenaブランチを、php-Auth_Hatenaというリポジトリにうつす場合。

まず、php-Auth_Hatenaというリポジトリを作っておく。

以下のコマンドで現行のremote.origin.urlを確認する。


$ git config remote.origin.url
https://ha1t@github.com/ha1t/php-Auth_Livedoor.git

「git config remote.origin.url [新しいremote origin url]」 でremote.origin.urlを上書きできる。
以下のような感じ。


$ git config remote.origin.url https://ha1t@github.com/ha1t/php-Auth_Hatena.git

そしたら、


$ git checkout hatena
$ git branch -m hatena master

ってやって、hatenaブランチをmasterブランチにrenameする。(既存のローカルmasterブランチは消しとく)

後は、


$ git push -u origin master

で、php-Auth_Livedoorのhatenaブランチを、php-Auth_Hatenaのmasterブランチにできる。

One thought on “githubで特定のブランチを別のリポジトリにする

  1. juner より:

    メモ:githubで特定のブランチを別のリポジトリにする | この先生きのこるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください