最近のvimperator開発陣はFirefox3にお熱みたいでなんとcvsのメインブランチがFirefox3でしか動かないようになっています.
つーわけで僕達が使っているFirefox2向けのvimperatorはたぶんあんまり更新されないでしょう.
とりあえずFirefox2向けのコードはブランチが切られているのでそこからxpiを作ったので公開します.(make xpiしただけですが)

http://project-p.jp/halt/archives/vimperator_0.5.3pre.071203.xpi

0.5.3の現状の更新内容はこんな感じらしいです.


2007-XX-XX:
   * version 0.5.3
   * IMPORTANT! options are no longer automatically stored - use the
     ~/.vimperatorrc file instead for persistent options
   * :tabnext and :tabprevious now accept an argument
   * the count to gT now specifies a relative tab motion like Vim
   * new :pa[geinfo] command, and ctrl-g and g, ctrl-g mappings (thanks Marco Candrian)
   * added new :mkvimperatorc command
   * remove :redraw and Ctrl-L commands as they rely on FF3 features
   * :ls, :history and :bmarks output is now hyperlinked
   * new gb and gB mappings to repeat the last :buffer[!] command,
   * :q doesn't close the whole browser, if there are more than one windows
   * new :winclose command
   * b calls :buffer! now instead of :buffer
   * [+], [-] and [+-] in the statusline, whether we can go back, forward, or both
   * :set showtabline now finally works as expected for all values

[+][-]あたりは微妙に便利ですが,statuslineまわりでいうと,タブの数とタブ番号を表示してるとこがほんとにたまにしか更新されないのをなんとかしてほしいです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください