優秀なプログラマだから優秀なプロマネになれる.わけないですよねー.

わけないんですが,受託開発をしてる会社なんかだと

優秀なプログラマがある日突然マネージメントをやらされたりします.

実際はいろいろな事情があるし,プログラミングレベルがある程度までいった時点でマネージメントにスキルを振りはじめるのは間違いじゃないんだけどいきなり実践投入されちゃったりしてデスマったりするんですよね.たぶん.きっと.僕はよくしりませんが.

ようするにプログラミングと同じようにマネージメントにも基本的な知識が必要なわけですよ.そこでこんな本をオススメ.

個人的にはこの手の話はスイーツ(笑)XP(笑)CMM(笑)みたいなm9感があったのですが,本の中で紹介されているXDDPという手法は著者の方が実際に運用されているという事と変な宗教感がないのでおもしろかったです.

(ただ,独自の省略用語があまりに多くて読むのに苦労しましたが.)

前にどこかで書いたような気がしますが,デスマがおこる会社は何度でも起こるし,そうでない会社は割とどんな案件でもデスマったりしないものです,それって結局社内のプログラマのスキルじゃなくてマネージメントがちゃんとできてない.もっというとマネージメントを真剣に勉強しないで現場で働いてるんじゃないでしょうか.

「ソースコードの行数で作業量をカウントするなんて信じられない!」とかいうプログラマの意見はものすごくわかるのですが,そこで思考停止せず,使えると思った部分をとりこんで勉強していく事が大事だと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください