OpenOffice Calcでリアルタイムスプレッドシートのデータを読む

楽天RSS(リアルタイムスプレッドシート)なるサービスがある。
こいつはExcelの使用が前提なんだけど、Excel買う金がなくて調べていくうちにOpenOfficeでも使えるという事がわかったのでメモ。

通常Excelだと、

=RSS|'4776.T'!現在値

みたいに書くんだけど、これをOpenOffice上では

=DDE("RSS","4776.T","現在値")

と書く事で実現できる。やったね!

楽天リアルタイムスプレッドシートはいにしえのプロトコルであるDDEによる通信を行っているので実はDDEが使えるのならExcelでなくてもOpenOfficeでなくても良い。
OpenOfficeはPythonマクロが使えるのでこの上でごにょごにょしても良いけどやっぱりOpenOfficeはでかいのでオリジナルなあぷぷが作りたいですね。

投稿者: halt

PHPプログラマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください