イムぐるみげっと

上京してきた弟にイムぐるみを持ってきてもらった。

イム

イムぐるみとは、リバーヒルソフトが開発したライフシミュレーションゲーム「ワールドネバーランド(以後ワーネバ)」というゲームシリーズの中に登場する謎の生物イムをぬいぐるみにしたもので、アンケートに答えたりしないと手に入らない激レアアイテム(だった気がする。)

ワーネバは中学生時代に死ぬほどプレイしたゲームで、インターネットの普及によって、登場するNPCが全部プレイヤーになるんだろうなぁとか(数年後リネとかROとかのMMORPGがでる)、将来はリバーヒルソフトに入りたいとか妄想したりした。

で、気になってリバーヒルソフトは今何やってるんだろうと調べてみるが見つからず。なんか携帯でワーネバとか最近までやってたよね!?と思いながらワーネバでぐぐったりしたら、「アルティ」という会社の名前が。社名変更?と思いながらさらに調べると、NINTENDO INSIDE Developer’s Profileの株式会社シングの記事の中で

リバーヒルソフトはコンシューマーやPCでゲーム開発を行っていたメーカーで、本社は福岡県福岡市にありました。代表作は「マーダークラブ」や「琥珀色の遺言」や「ワールド・ネバーランド」などで、特にアドベンチャーゲームには定評がありました。しかし、度重なるスタッフの独立によって経営が悪化し、 2000年からはモバイル向けコンテンツ制作に方針転換を行いましたが2004年6月に破産宣告を受けました。

破産していることを知った。

本当におもしろいと思えるゲームを作った会社が破産というのはせつない。しかし同URLサイト中で

リバーヒルが破産宣告を受けたと同じく2004年6月にアルティはIT関連グループのアクモスから出資を受けて子会社となります。リバーヒル関連のゲームの権利も受け継ぎ、親が亡くなったあとのリバーヒルのDNAを受け継いでいきます。この時点で社長は現社長の宮崎慈彦氏に交代しています。現在でもアルティは『琥珀色の遺言』などの新作を携帯電話向けに制作しています。

とあるので、今後はアルティがワーネバをひきついでくれそう。

そんなアルティがPSで発売されたワールドネバーランド2をWindows版にリメイクしたものを1月17日よりダウンロード販売するようです。

althi online shop

イムかわいいよイム

投稿者: halt

PHPプログラマ。

“イムぐるみげっと” への 6 件のフィードバック

  1. かわいいよイムかわいいよ
    中学くらいんとき超ハマった覚えが。すげいやった。イケメンが出るまでリセットしまくった。
    恋愛に生き、仕事に生きた。結婚詐欺もした!ナツカシス。

  2. 結婚詐欺!政略結婚じゃなくて結婚詐欺!?
    ワールドネバーランド-家政婦は見た-

  3. 2005年の1月17日だから去年発売されたのか!
    もうすぐでるのかとおもったじゃまいか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください