久しぶりにKinoWikiのauthプラグインをバージョンアップ。今までのバージョンはソースコード内に直接認証に必要なユーザ名をパスワードを記述していたので変更する時にいちいちソースに手を入れなければいけない上に、Wikifarmのような使い方をしている場合、すべてのfarmで同じユーザ名とパスワードを使わなければならなかったので、ユーザ名とパスワードはDBに保存するようにして、Web上から設定できるようにした。

KinoWiki.netでダウンロードできるよ!

ただし、今までのバージョンと互換性がないので前のバージョンからアップデートする場合はplugin_authテーブルを削除する必要があります。(プログラム側で回避すればいいようなきもしますけどね)

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこ認証:9つのパネルの中からねこを3匹選んでください