オールドレンズIndustar 61 L/Zを買った。

Industar 61 L/Z Multi Coating F/2.8 50mm MF lens screw mount M42 を購入してしまいました。

SONY純正でフルサイズのレンズだと、どれを買うにしてもかなりのお値段になってしまうので「欲しい…苦しい…」となっても「でも買えない…」となるので結果的に我慢できていました。

しかし Instagram でフォローしている自分と同じα7sユーザーの写真を見ていると見慣れないタグが。検索してみるとそれがオールドレンズでした。古のレンズもマウントアダプターを使えば現在の機種でも使える事や、オールドレンズにしかない味や特性がある事、そしてそれらがかなり安く手に入る事がわかってしまうと試さずにはいられませんね。

IMG_1014.JPG

というわけで購入しました。マウントアダプターがついてるので長くなってますが、レンズ自体はかなり小さいです。
本当はヘリコイドのマウントアダプターが良かったんだけど、それを買ってしまうとレンズよりもマウントアダプターのほうが高くなってしまうので、まずはノーマルのマウントアダプターを使ってみてから判断する事に。

IMG_1017.JPG

購入して最初にとったのが上の写真なのですが、普通のレンズとの違いがわかるでしょうか?
本来丸くでる背景の明かりのボケが星形になっています。 Industar 61の絞り羽根の形が特殊な形状をしていて、F5.8あたりにもっていくとこういう不思議なボケ方をします。これがやりたくて買いました。

今までオートフォーカスが当たり前だったので全部マニュアルになると一枚とるのも大変ですが、それもいつもカメラが自動でやってくれていた事がなんなのか勉強になるので楽しいです。

もっといい感じの写真がとれるようにがんばらねば。

Googleが出したMotion Stillsが無駄にたまってたLive Photosをいい感じに掘り起こす

こんにちは。初めて買った iPhone が iPhone 6s で、デフォルトでLive Photosが有効になっているのに気づくまでに数ヶ月を要した人間です。

さて、Googleが live photos をいい感じにしてくれるアプリを iOS で出してくれたのですがこれなかなか良いです。 ( Google’s new iOS app Motion Stills stabilizes your Live Photos )

ようはぶれぶれになりがちなLive Photosをいい感じにぶれてない感じにしてくれるアプリです。

GoogleがiOSのLive Photosに特化したアプリを出してくるっていう構図がなかなかおもしろかったのでダウンロードして使ってみたのですが、ものすごくシンプルで適当に操作しているだけでいい感じの動画ファイルを作れます。こないだの VRDG+H で撮影した画像に適用してみました。実際はぶれぶれだったんですがいい感じにうつってます。

IMG_0990.GIF

FEMM かっこいい。

IMG_0991.GIF

私のようにLive Photosを知らずに使ってた人は motion stills をインストールして過去の画像を見てみるといい感じにできるかもしれないですよ。

Dropbox でファイルたくさん消したらメールがとんできた

2016-5-18_22-54-14.png

Dropboxのファイル容量がいっぱいになってしまったのでバックアップしてた古い写真を削除したら「意図した削除ですか?今なら戻せるしお金払うともっと安心できるよ」的な内容のメールが飛んできた。

こういう細かいケアできるのは素晴らしいですね。自分も昔パソコンのデータを移行するときにミスって消してしまいあわてて復帰させたような記憶があるのでこのメールで助かってる人は結構いるんじゃないでしょうか。

セーラー万年筆から御礼もらった

IMG_0897.JPG

筆ペンとボールペンいただきましたー。ありがとうございます。ボールペンはG-FREEという次世代ボールペンなんですが、内部にある筆圧アジャスターが負荷を減らしてくれるギミックがついてたりしてなかなかすごいです。

普段字を書く量が減っている今だからこそ万年筆の需要がでてきていると思うので、セーラー万年筆にはがんばっていただきたいです。まだしばらくはホールド。